マンションを貸したいと思っていても余程便利な場所でないと難しい場合も

不動産投資を考えるなら自分でもしっかり勉強すべき

不動産投資を考えるなら自分でもしっかり勉強すべき自分でも住みたいと思うような物件選びが大切不動産投資の勉強を怠らず見切りや損切も重要マンションを貸したいと思った時には

不動産投資などをおこなって少しでも現在の低金利時代を乗り越えようと思っている人は少なくはなく、私もマンションをいくつか購入して貸したいと考えています。
そのため不動産投資セミナーのような専門家の説明会に参加して、自分でもしっかり勉強しています。
実は以前知り合いが不動産投資に失敗して痛い目にあい、そのため家族関係もうまく行かなくなって離婚してしまったということを知っているからです。
私は不動産投資は素人が考えているように簡単なものではないと思っていますので、マンションを購入して貸したいと思っている人は業者などの口車に簡単に乗るのではなく、自分でも十分に勉強をするべきだと考えています。

マンション貸したいなぁ〜

— ナチュファイ (@natufi_kato927) 2010年2月2日
たとえば安いマンションを買って貸し出すのは簡単ですが、それを借りたいと思う人がいるかどうかが大事です。
つまりその場合には自分だったら家賃という一定の金額を出しても、その場所を借りてそこに住みたいと考えるかどうかを吟味してみるのです。
自分でも決められた家賃の金額を出しても住みたいと思う場所であったら、ほかにもそう思う人は多いと思われますから不動産投資がうまくいくのではないでしょうか。
ともかく貸したいからと焦るあまり安かろう悪かろうといった物件に手を出すのはやめて、多少は高くても自分も絶対に借りたいと思うようなマンションの購入を考えるべきなのです。