マンションを貸したいと思っていても余程便利な場所でないと難しい場合も

マンションを貸したいと思った時には

不動産投資を考えるなら自分でもしっかり勉強すべき自分でも住みたいと思うような物件選びが大切不動産投資の勉強を怠らず見切りや損切も重要マンションを貸したいと思った時には

今住んでいるマンションなどを貸したいと思っている人はいないでしょうか。その際には不動産会社に依頼するという人も多いかと思いますが、その際には賃貸方法の種類の違いを知って、自分の状況にあったものを選んでください。私は賃貸方法選びに失敗し、目先の儲けだけを重視してしまい後悔してしまった経験があります。私の相談しに行った不動産会社に、一般的な賃貸借契約と、空室保証があるサブリースタイプの物があると提案を受けました。その際サブリースタイプは空室状態が続いても空室保証が受けられるが、毎月手数料がかかると言われ、立地もそこそこ良い物件だから大丈夫だろうと思ってしまい、通常の賃貸借契約にしてしまいました。ところがふたを開けてみると中々入居者が決まらず、長い間空室状態が続いてしまいました。今でこそ借り手がいて賃料収入は入っているものの、その空室期間中は賃料収入が無く非常につらい思いをしました。マンションを貸したいと思った時には、そのような知識も必要ですが、その地域の住宅情報などもしっかり確認しなければならないという事を痛感させられた出来事です。皆様も、不動産の法律などの知識だけでなく、地域の事も調べておいてください。